継続教育12月号 『くすりと経済』発売のお知らせ


new
2022年11月14日
科目:医療安全
『くすりと経済』
日本では、「経済財政改革の基本方針2007」以降、後発医薬品の普及が図られてきました。これは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善、国民医療を守ることを目的とし、「薬剤費を安くする」ことに焦点が当てられていました。
近年、医療用医薬品の「費用対効果評価」が導入され、経済性の観点からも医薬品を評価する動きが活発になっています。
今回の学習では、医療や薬剤に対する経済的な視点について学びます。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行)/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:22万(税込)
  発売日:11月15日

お申込みはこちら
継続教育